借金を返済する方法

 借金返済を応援するサイト

ホーム | 借金を返済するためには | 借金の利息 | カード枠現金化? | 借金を返済する方法 | 借金を完済する | 車は資産? | 住宅ローンの返済に困ったら | リンク

 

詳細メニュー

借金を返済する方法ホーム ホーム
借金を返済するには 返済するには
借金の利息について 利息について
クレジットカード枠の現金化について カード枠現金化
借金の返済方法 返済方法
借金を完済する 借金完済
 
車は資産か? 車は資産か?
借金が減らない 借金が減らない
住宅ローンの返済に困ったら 住宅ローン
 返済に困ったら
住宅ローンの返済に困ったら 身分相応
 脱借金体質
借金を返済する方法リンク リンク
お金大好き! お金大好き!
 お小遣い稼ぎなら
女性の高収入アルバイト 高収入バイト
 バイト情報
転職応援情報 転職応援情報

 

 借金を返済してしまう!

借金を完済する方法

 それでは、方法をお話します。

 最初にあなたの年収はどれくらいあるでしょうか?  厳密にでなくおおよそで結構です。
 次に、PCでもノートでも構いませんので、どこから幾ら借りているのかを書き出します。

 一般の銀行融資や、その他の借金と違って利息が高いので負債額が、年収の4、5割を超えると一刻も早く手を打たなければならない状態だと思います。

 しかしこれはおおよその目安ですので、年収が低いほど借金の割合が低くてもきつくなります。

 ここであまりにも借金の割合が多くて返済が無理と判断したら法的な手続きを考えて下さい。

 続ける場合は、借入先毎に利息が幾らかを調べて下さい。

 全ての借入先、利息、債務額を調べます。 全て漏れなく確認できましたか?

 それが出来たら利息の高い順にリストにします。
 利息が同じであれば債務の少ないものを優先します。

お金を借りている人は、借入残高を少なめに言う傾向が強いのですが、ここでは、人に話す訳では無いので出来るだけ正確に見積もって下さい。

 何をしようというのかというと、

 1. 債務は多いところではなく、少ないところを優先して返済する。
 2. 利息の低いものよりも、利息の高いものから先に返済を優先する。

 この二つの条件で借金を返済して行くのです。

 もちろんキチンと借金を返済してゆくのは当然ですが、利息の負担を減らすために借り換えをします。

 既に確認済みですのでお判りでしょうけれど、借入先によって利息にかなり差があることが判ったはずです。

 ここで利息の低いところに借り換えるのに銀行系である モビット をおすすめします。
 ネットからすぐに出来ます。

 (最近は消費者金融系でも金利に幅を持たせて最低〜最高という様に金利を表示している所もありますが、最も安い金利で借りる事が出来るのは余程特別と思ったほうが良いでしょう。
 間違っても多重債務の人が最も安い金利で借り入れられるとは思わない方が良いでしょう。)

 年収や他からの借入件数などをよく見せたいところでしょうが、きちんと正直に記載します。(どうせ判る様になっていますし、後で分かると契約違反で一括返済の事由ともなります)

 また借り入れの目的を他社からの借り換えである旨伝えます。(モビットをおすすめしたのは銀行系で金利が低い事もありますが、ちゃんと借り換えにも対応しているからです。 間違っても怪しい業者の借金の一本化というものに惑わされないで下さい。)

 融資が通る場合は、小額、高い利息を優先して完済させます。

 間違っても、満遍なく少しずつなどという風にしてはいけません

 借入先が多く残っていると信用情報を悪くしますので、完済した口座必ず解約して行きます。

 何かあった時にと思って口座を残したくなるのかもしれませんが、口座を残しておいてはいけません。(貸し手側からすれば、あちらこちらから借りまくる貸し倒れの危険性の高い人物だと判断して当然だと思いませんか?)

とにかく小額で複数の口座から借り入れている場合は急いで数を減らします。

融資がおりた場合、融資限度枠を引き上げるために必要になりますので、 新たな新規口座の開設、既存口座での追加借り入れをおこなってはいけません


 さて、なぜ借り入れ限度額を引き上げるのかというと、
 信用状況が悪くなるという点は説明しましたが、一旦借り入れれば、同じではないかと思われるかもしれませんが違います。  利息を減らすためです。

 これは利息制限法により、元本の金額によって利息の上限が定められています

 つまり、元本が多くなれば、利息の上限は低くなるのです。

 因みに、利息制限法では
 元本が10万円未満の場合 年2割
 元本が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分
 元本が100万円以上の場合  年1割5分

 となっています。(消費者金融系でこれよりも高いところがありますが、一部の例外がありますがこれは、利息制限法に罰則規定が無いためです。)


 ですから、同じ金額を借りている場合でも少ない金額に分けて複数に借りているよりも、利息が低くなって有利になるのです。

 そのためには、借入先を減らし信用評価をあげ(途中で追加で借り入れるなどしない。 計画性や実行力が無いと判断されるでしょう)、債務を一本化出来れば、小額での高利息よりもかなり利息の支払いを減らす事が出来るのです。

 ですから沢山お金を借りる事が目的ではないので、利息の高いところの融資限度額を引き上げる意味はありません。
 どこでもまとめれば良いと言う訳ではないのです。

 全てを利息の低いところにまとめる事が出来たら、後は、こつこつと返していって下さい。

 15%の利息でまとめる事が出来れば、利息の支払いも半額程度で済みます。

 これで、今までは利息がきつくて新たな借り入れを起こさなければいけないという悪循環に陥っていた人もかなり助かるはずです。

 銀行系のところで借り換えて、追加融資受けずにきちんと返済して行けば、信用もあがると思いますので、頑張って返済して下さい。
 多分半年くらいではないかと思いますが確認した方が良いでしょう。

 返済計画を表などにして返済して行けば減ってゆくのが実感できるので頑張ってもうちょっと返そうとか、節約しようとか励みになると思います。
 やはり何かしら目に見える形にした方が、やる気の度合いが全く違ってきます。 数字や表などで、借金が減ってゆく様子が実感出来れば、嬉しくなってくるのでは無いでしょうか?
 ぜひお勧めします。


最後に、銀行系で実績もある金融会社を紹介しておきます。



  モビット   三菱東京UFJ銀行系

  DCキャッシュワン 


 もしも、じゃあ近いうちにでもやってみようかと思っている方がいたら、日々利息が増えている事を思い出して下さい。
 月に何万円増えてますか? 


>> トップへ戻る <<








 借金を返済する方法!では出来る限り正確な情報を記載する事を心がけていますが内容を保証するものではありません。
 また情報の間違いや利用及び情報により、いかなる不利益・損害の発生、また期待する効果が得られない場合においても一切その責任を負うものではありません。  全て自己責任において判断し行動して下さい。
借金を返済する方法
      
Produced by keyLa
e-mail:
(c)2004-2007 KeyLa, All rights reserved


開設 04/09/24