借金を返済する方法

 借金返済を応援するサイト

ホーム | 借金を返済するためには | 借金の利息 | カード枠現金化? | 借金を返済する方法 | 借金を完済する | 車は資産? | 住宅ローンの返済に困ったら | リンク

 

詳細メニュー

借金を返済する方法ホーム ホーム
借金を返済するには 返済するには
借金の利息について 利息について
クレジットカード枠の現金化について カード枠現金化
借金の返済方法 返済方法
借金を完済する 借金完済
 
車は資産か? 車は資産か?
借金が減らない 借金が減らない
住宅ローンの返済に困ったら 住宅ローン
 返済に困ったら
住宅ローンの返済に困ったら 身分相応
 脱借金体質
借金を返済する方法リンク リンク
お金大好き! お金大好き!
 お小遣い稼ぎなら
女性の高収入アルバイト 高収入バイト
 バイト情報
転職応援情報 転職応援情報

 

 借金を返済するためには

借金を繰り返さないための準備

 せっかく借金を返済してしまっても、また借りなければならないようにならないようにする必要があります。


収支を把握する

 あなたが、仮に自己破産などで借金を整理したとしても、その後に収入が無ければ結局また借金に手を出そうとするかも知れません。
 ですから、あなたの借金の額からすると大した額ではないかもしれませんが、少しでも収入を増やす努力と、支出を減らす努力をしなければなりません。

 お金に余裕のない人ほど、金額が少ないと疎かにし、逆に高額では必要なものも惜しみがちです。
 特に小さな金額を疎かにしている事が、どれだけ大きな間違いであるかに気が付くべきです。



 ではここで質問です。

 1 あなたにとって些細な金額は幾ら位までですか?
 1 支払う時に、特に深く考えない金額は幾ら位までですか?

 言い方を変えて、
 2 お金を使うときに、幾ら以上であれば考えて使っていますか?


 家計簿などをつけていれば簡単なのですが、ここ1ヶ月ほどで質問の2に該当する金額を使ったのは何回くらいありますか? そしてその合計は幾らですか?

 では、1ヶ月の収入のうち手許に残っている金額からその金額を引いてください。

 わかりやすく云えば、月給で30万手取りがあったとして、手許に5万しか残ってないとします。
 そうすると25万を使っている事になります。
 そのなかから、金額がある程度あったので考えて使ったのが10万だとすると25万−10万で15万が大したことは無いと思って使った金額になります。

 計算するとハッキリしますが、大したことは無いと思って使った金額の方がずっと大きな割合を占めている人の方が多いのです!

 まだ小さな金額は大したことは無いと思いますか?


 借金で行き詰まろうとしている人の多くが、自分が何に幾らくらい使ったかを、全く把握していない人が多過ぎます。

 何にどの位使ったのか? いつ頃どんな費用が幾らくらい必要なのか?
 そのような事も判らないのに、節約したりあらかじめ備えていたりする事が出来るでしょうか?

 たいていのことは1ヶ月も続ければ習慣になるといいます。  せめて1ヶ月だけでもやってみるつもりで家計簿(お小遣い帳)つけてみませんか?
 文房具店かコンビニにでも行けば、二百円程度から売ってあると思います。(コンビニへよく行く人はスーパーで買物する習慣に変えましょう)

 実際に、キチンと付けてみると、意外に多くのお金をどうでも良さそうな事に使っている事を知り驚く人が多いと思います。
 また、継続して付けてゆく事で、次には、いつ頃どの様な経費が、幾らくらい必要なのかということが判って来て、急な出費に慌てるという事が随分と減るはずです。

 すぐに実行して下さい。


生活費の予算を立てる

 決まった収入の中で、キチンとやりくりするコツがあります。

 あなたがお勤めの方だとすると、毎月お給料を貰われると思います。
 給料が出たら取り敢えず、飲みに行くなどもってのほかです。

 一番最初にするのは、収入のなかから生活するために必要な経費を先に引いてしまうことです。
 家賃など金額のはっきりしているものは、その金額を引き、光熱費や食費などはおおよその金額を引きます。

 それらのお金は、まとめていると、ついほかの事に使ってしまうことも多いので、費目毎に封筒に分けておくと良いと言われます。
 銀行口座を経費専用の口座として別に作っておくのも良いかもしれません。

 この時に失敗の原因となりやすいのが保険や税金などの年間で発生する費用の見積もり忘れや、ボーナスで払おうと考えて大雑把にしか把握していない事です。

 ボーナスは不景気の時期ですから、急にカットになったり、出なくなったり、失業したりなど、何がおきるか分かりません。

 年間で掛かる費用は、12ヶ月で割ってその金額を月々の経費として差し引いておきます。


 また、もう一つ多いのが食費で、最初にオーバーして後から殆ど残らないという状態に陥りやすい様です。

 これは1か月分でまとめて計算するのではなく、1週間毎に予算を分けておくと上手く行きやすいようです。


クレジットカードを処分する

 クレジットカードというものは非常に便利なものですし、上手く使えばお金を得することも出来ます。
 しかし借金でお金に困っている人にとってはかえって負担に過ぎないと思います。

 お金が手許に無くても買い物をする事が出来るので、ついつい余計に買い物をしがちです。
 それどころか、手許にではなく、お金が無いのにもかかわらず買い物に使ってしまう人も多いのです。

 よく言われるのが、カードを全て処分するだけで何割かの出費を抑える事が出来ると言う事です。  どの位効果があるかは別にしても出費を抑える事が出来るのは間違いないと思います。

 ここまで理解して頂けたら、借金を返済してしまっても、また借金をしてしまうという事も無いのではないかと思います。
 次は、いよいよ借金を返済する方法についてです。

>> 借金の利息について








 借金を返済する方法!では出来る限り正確な情報を記載する事を心がけていますが内容を保証するものではありません。
 また情報の間違いや利用及び情報により、いかなる不利益・損害の発生、また期待する効果が得られない場合においても一切その責任を負うものではありません。  全て自己責任において判断し行動して下さい。
借金を返済する方法
      
Produced by keyLa
e-mail:
(c)2004-2007 KeyLa, All rights reserved


開設 04/09/24